世界でモテる日本女性① シリア

今まで世界120カ国以上を旅してますが日本女性はモテますね。
今回はシリアでの体験談!

現在はシリアは危ない地域で旅行は出来ませんのでちょっと前の実話です。
シリア中央部にパルミラという世界遺産の都市があります(人口5万人)。
日本人は世界中に旅行をしてますがシリアに行く人はちょっと旅行マニアの人達や世界を旅行しまくってる年配者が多いです。

広大な場所に3世紀時代に世界の中心地として避けた場所だそうです。
入場料は無料で博物館も併設しており世界遺産遺物がその博物館に陳列してあります。中東の博物館はほとんどが日本の援助で出来ており○○首相の名前が残されてます。
日本のために何か良い政策を取られたかどうか覚えてませんが中東諸国の博物館再生には力を注がれたようです。

日本ではあまり有名でないパルミラに日本女性が住んでおり地元の人の評判は非常に高いようで宿泊してたホテルのロビーで暇をつぶしてる時にホテルのオーナーが日本女性と結婚したいと冗談半分で話し始めましたので私は真剣な表情でお手伝いしましょうと答えると冗談と思ったのでしょうね、シリア人特有の大笑いをはじめました。

私が真剣な表情で冗談ではないですよ!とパソコンがネットに通じれば日本女性の会員ページを見せてあげますと話したら態度が変わりました。
周りのシリア人たちにお声をかけたのでしょうか10名ほどが私の周りに集まりホテルのパソコンで女性会員ページ(英語)を見せるとウオーっと歓声があがりました。
すると男性(ほとんどは20歳から30歳くらいの独身男性)が自己紹介を英語で始めました・・・。

皆さん夜の暇な時間はホテルのバーにあつまりテレビで競馬中継を見てるのが日課ですがその日は私は10数名の自己紹介に耳を貸すことになりました。

何故日本女性なのですか?
***日本女性は落ち着いてる人が多くチャラチャラしてない
***日本女性は教育が高く家族を大事にする・・・などなど皆さん一生懸命に日本女性の良い点を知ってる限り話してます。
質疑応答をしてる中で男性の希望する女性の年齢層を尋ねるとほとんどの男性が自分と同じくらいの年齢から年上、40歳くらいまではOKというのが私には驚きでした。

何故、年上の女性なのか?と尋ねると人生を経験してるので落ち着いてるからというのが共通のシリア人若者の意見でした。

彼たちは・・・一応、両家のお坊ちゃんで親の仕事を引き継いでいたり自分のビジネスをしてるようです。
財産に関しては持ち家は当然ですがどれだけ優れた馬を何頭所有してるかというのが他との差だそうです。
そのため仕事の終わった夕方以降はホテルのバー(カフェ)で大型テレビをドバイの競馬を見るのが日課のようです。

国際結婚には体の丈夫なハーフが生まれます

当時はハーフという言葉は使われておりませんでしたが上品な日本語で話されてるのを聞いて何人?と不思議に思ったことがあります。
私の幼稚園時代です・・・。ド田舎で育った私は何故かアメリカ人経営の幼稚園に通い英語も幼稚園で習ってましたので外国人恐怖症はその時からありませんでした。

1951年から1990年まで続いた長寿番組 世界の旅・・・
お上品な日本語と世界のVIPに会うときは着物で世界150カ国を訪問された兼高さんが90歳で亡くなられました。
私と同じ港区在住で時々区で講演会を開いてましたが講演を聞きに行くチャンスを逃してます。
小さい時、日曜の午前中にテレビで世界の旅が紹介され世界に憧れたのを覚えてます。
兼高さん・・・どうしても生粋の日本人には見えなかったのですが当時はインターネットはない時代で調べようがありませんでした。

お父さんがインド系の人でかつての大手の航空会社の”Pan Am” and “Pan American Airways”関係者だったので世界旅行が可能だったようです

彼女は日本とインドのハーフだったのですがインド人は色黒と当時は信じてたのでインド系とは想像できませんでしたので後になってインド系(スリランカやネパール)は種族的には白人系なので色黒になるのは育った環境、つまり日射の中で育つと色黒になるようです。
インドやスリランカの女優さんを見ればみなさん白人で色黒とは思えません。
東南アジアでも色白は美人と言われており子供の時から金持ち系の子供は太陽を直接浴びる生活はしてませんね。
兼高さんは90歳で亡くなられましたが大好物はお肉・・・でした。長寿の秘訣なのでしょうね!

そして一度も結婚はされれませんでした。

異人種同士の結婚は血液学の専門家の話によると”体が丈夫”になるそうです。スポーツ選手でハーフの人が記録を残してるのを見ればわかります。
最近の日本では野球やサッカー、ラグビーでハーフの人が活躍してます。
もちろん才能も必要ですがいつの日か日本でも本物の異文化アスリートが世界的に活躍する時代がくるでしょうね。

パンナムが潰れる(1991年)前に一度だけサンフランシスコからニューヨーク行きに乗ったことがあります。最初で最後でしたが世界一周便としてパンナムは有名でしたのでその①一区間だけのフライトでしたが当時はスチュワーデスと呼んでましたが9カ国が話せますので母国語で質問してください、というアナウンスにびっくりしたのを今でも覚えてます。

日本女性が結婚相手に求める条件

この件に関しては数百人の欧米男性と結婚がしたい、と考えてる人と直性面談をして私なりに女性の考えを理解してますが正直に書くと非難の嵐となります。

何故、事実を告げるだけで非難されるのか私は理解できません・・・

Q年下の男性と結婚して可愛いハーフの子供を作りたい!
A女性の希望ですのでご勝手にどうぞ! 私はお手伝いはできません。

Q何故年下男性なのか?
若い男性の方が元気な子供を産むための精子が元気であるからと答えた人もいました。
A欧米男性で年上の女性を求めてるのはフランス男性が多いですのでフランス語を勉強してフランス人と知り合ってください。ただし、条件として年上の妻はお金持ちであることが条件です。

Q結婚したら専業主婦を希望
A欧米は共稼ぎが普通です。ただしお金持ちの男性は専業主婦を求める人が少なくはありません。
そのお金持ちに認められるあなたの資質を磨いてください。

Qアラフォーなので早く子供を持ちたい!
Aこれが欧米男性との結婚サイトを運営してる時の一番の問題で私が正直に答えると怒る方が多かったですね。欧米では高齢出産は35歳と教育されてますので男性が仮に年上の女性を好きになった場合は年齢がネックです。何故高齢出産は35歳なのか?現在は医学の力で高齢出産が可能になってますがその費用を男性が喜んで払ってくれると男性が認めてくれることが肝心です。