日本の国際結婚の幕開け・・・中国からスタート!?

日本で最初に国際結婚?を行った日本人の情報はいろいろありますが現在のように一般化したのは中国が最初ではないでしょうか?

インターネットで国際結婚を紹介したのは1997年です。私が始めた時はネット上には国際結婚の案内は皆無でしたので断定できます。

それ以前はどうやって国際結婚は行われていたのでしょうか?
その当時も今も農家に嫁に行く人が少ない時期というのは変わりませんが日本の地方で集団で中国へ嫁探しツアーが組まれていました。特に東北地方が多かったのではないでしょうか?
そして中国女性は中国東北部の地域でハルビンや牡丹江と呼ばれる満州時代に日本人が多く住んでた地域です。日本にゆかりのある人や日本人のDNAを引き継でた人達がいたからです。

北京や上海という大都会ではありません。中国東北部の平均的に豊かでない場所で当時は中国では大卒が珍しい時で教育レベルは決して高い人達ではなく女性であること、子孫繁栄に協力できることそして年齢が若いことが日本男性に紹介できる女性達でした。また、現在の中国経済とは異なり仕事も少ない時代で日本人との結婚は両国にとってはWinWinの関係でした。

40歳から50歳代の日本では結婚できない男性に20歳代の中国女性が結婚してくれるのですから・・・。当時、中国のハルビンに結婚状況を調べるために何度か訪問しました。当時のシステムは今もそのまま同じで料金も同じみたいです。20歳代の女性と結婚できるのですから男性は数百万円払うことには抵抗はなかったのでしょう。

今も昔も変わらない成婚までの道のりは・・・
①お互いに通じる言語(コミュニケーション手段がない)
②男性は現地で何人かの独身女性とお見合いが出来る
③中国を1週間訪問することで帰国するときには既に結婚式が済んでる
④現地のお見合いで気に入った女性がいたらその女性の家を訪問して親に挨拶
⑤現地で中国女性と結婚式(その前に形式的な健康診断等あり)

中国では結婚パスポートとお互いが入籍手続きを終えた時に発行される写真付きの証明書がありそれがないと二人で一晩を過ごすことができません。

男性が帰国する前にお二人は夫婦ですのでお二人で初夜を現地のホテルで正式に過ごすことがd系ます。中国の初夜を過ごす部屋は赤を基本とした飾りつけ(布団その他)が用意されてます。

男性が帰国した後は結婚相手の女性が来日できる書類を日本と中国側で揃え書類が揃ったら女性が来日出来ることになります。

欧米と異なるのはお互いの意思疎通が異なる点ですがお互いに納得してることなので結婚後はお幸せに末永く過ごして頂くことです。

全くお互いの意思疎通を必要としませんが二人が一緒に住めば何とかなるようです。そして時間が経てば中国女性も日本語を覚えていきます。

日本人と結婚して来日した中国女性にインタビューを行いました。
なぜ、あなたは何故、日本人と結婚したのですか?
中国女性:私が現地でお見合いをした男性は優しそうな男性でしたので結婚を決意し来日したら日本語を勉強して私の夫が何を考えてる人なのか旦那さんを理解したいです。

意思疎通が無い中で結婚したお二人さん・・・お互いのコミュニケーションが取れるようになったらお二人の関係はどうなるのでしょうか?

 

内容に興味がある方は下記をクリックしてください。
続編を書かせていただきます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

世界でモテる日本女性② クウェート

クウェートは私のクウェート人の友人が日本妻を求めてます。
来日経験は3回で日本の各地をバスで旅してます。
何故、バスなのか?と尋ねたら 急ぐ旅出ないので日本の隅々が見れるしバスで日本人と知り合うのも一つの目的だそうです。

クウェート人はアラブ系ですので日本人はアラブ人の区別がつかない人が多いです。アラブ人と言うだけで成田空港に到着するとパスポート検査は別室に連れて行かれて調べられたそうです。
アラブ人は皆がテロリストと思ってる人が多いのでしょうね。彼は最初の時は入管の取り調べに対して怒ってましたが最近は慣れたそうです。アラブ人の区別のつかない人に説明しても意味がないことを悟ったからです。

彼は奥さんがいて子供が4人います。もっと子供が欲しいそうですが奥様はこれ以上の出産はしたくないと拒否したので二番目の奥さんを貰って子供を作って欲しいそうです。
こんな話を日本でしたら多くの日本女性は怒るでしょうね。
日本では有名な一夫多妻制ですので・・・。
現在、クウェートにはクウェート人と結婚した日本女性が約50名ほど暮らしてるそうです(現地の日本大使館資料)。

クウェートの友人は日本の事をいろいろ調べ勉強してますので彼に一夫多妻制は駄目だ!と非難したら彼はどう答えるでしょうか?

”日本でも同じことは行われてます。ただし、日本は法律で一夫多妻制を胡麻化してます!”

そうなんです。法律を調べると一夫多妻制度を法律に触れないように実行してる人は少なくはないようです。
夫婦間で養女を貰うこと、本妻の許可があれば養女と本妻の三人で一緒に生活をするのは法律に触れないとクウェートの友達が説明してくれました。

アラブの国は一夫多妻が普通と考えてる人はアラブの話はしないでください!恥をかくだけです。
マレーシアの王様はモスレム教徒で一夫多妻は可能ですが彼は奥様は一人しかいません。

仮に複数の奥様を持つ場合は平等に扱うというのが最低条件ですので与えるお金はみなさん同じです。モスレム教徒は結婚するときに夫婦の取り決め(離婚の場合の慰謝料の金額)を明確にしないと結婚の許可が貰えませんし結婚して離婚する場合は契約書通りにする義務が男性にありますので女性の方が慰謝料目的で結婚をしてすぐ離婚するのが流行ってるそうです。
そのためクウェートの男性には独身者が増えており一夫多妻何て王様一族だけが出来ることで一般の人が複数の妻を持つ場合は妻一人に対して年間最低でも4~500万円を与える必要があるそうです。

仮に奥様を3人持ったら小遣等だけで年間1400万円は必要ですので現在の一般のクウェート人で複数の奥様を持つ人は非常にすくないそうです。

そんな中で私の友人(39歳)が日本妻を探してますので希望者の方は私に連絡してください。
女性の年齢は彼と同じくらいか40歳くらいまでで子供を作りたいと考えてる健康な妊娠可能な独身女性で英語が話せる方。

女性が住む家はマンションに将来できる子供と一緒に住める人。

お手伝いさんは最低一人、身の回りの世話をしてくれる人が専属で付きます。
クウェートは小さな国ですが移動がすべて車ですので女性は運転免許証を所有し車の運転が出来る方。

クウェート生活に興味のある方はまずはご自分でクウェートやアラブの世界などを勉強し知識を得てから私に相談してください。

お見合いをする場合は男性が来日しますので私が滞在中は立ち会います。
クウェート人は結婚式が終わるまで女性に手を触れることは絶対禁止ですので彼らの道徳心なども勉強してください。

世界でモテる日本女性① シリア

今まで世界120カ国以上を旅してますが日本女性はモテますね。
今回はシリアでの体験談!

現在はシリアは危ない地域で旅行は出来ませんのでちょっと前の実話です。
シリア中央部にパルミラという世界遺産の都市があります(人口5万人)。
日本人は世界中に旅行をしてますがシリアに行く人はちょっと旅行マニアの人達や世界を旅行しまくってる年配者が多いです。

広大な場所に3世紀時代に世界の中心地として避けた場所だそうです。
入場料は無料で博物館も併設しており世界遺産遺物がその博物館に陳列してあります。中東の博物館はほとんどが日本の援助で出来ており○○首相の名前が残されてます。
日本のために何か良い政策を取られたかどうか覚えてませんが中東諸国の博物館再生には力を注がれたようです。

日本ではあまり有名でないパルミラに日本女性が住んでおり地元の人の評判は非常に高いようで宿泊してたホテルのロビーで暇をつぶしてる時にホテルのオーナーが日本女性と結婚したいと冗談半分で話し始めましたので私は真剣な表情でお手伝いしましょうと答えると冗談と思ったのでしょうね、シリア人特有の大笑いをはじめました。

私が真剣な表情で冗談ではないですよ!とパソコンがネットに通じれば日本女性の会員ページを見せてあげますと話したら態度が変わりました。
周りのシリア人たちにお声をかけたのでしょうか10名ほどが私の周りに集まりホテルのパソコンで女性会員ページ(英語)を見せるとウオーっと歓声があがりました。
すると男性(ほとんどは20歳から30歳くらいの独身男性)が自己紹介を英語で始めました・・・。

皆さん夜の暇な時間はホテルのバーにあつまりテレビで競馬中継を見てるのが日課ですがその日は私は10数名の自己紹介に耳を貸すことになりました。

何故日本女性なのですか?
***日本女性は落ち着いてる人が多くチャラチャラしてない
***日本女性は教育が高く家族を大事にする・・・などなど皆さん一生懸命に日本女性の良い点を知ってる限り話してます。
質疑応答をしてる中で男性の希望する女性の年齢層を尋ねるとほとんどの男性が自分と同じくらいの年齢から年上、40歳くらいまではOKというのが私には驚きでした。

何故、年上の女性なのか?と尋ねると人生を経験してるので落ち着いてるからというのが共通のシリア人若者の意見でした。

彼たちは・・・一応、両家のお坊ちゃんで親の仕事を引き継いでいたり自分のビジネスをしてるようです。
財産に関しては持ち家は当然ですがどれだけ優れた馬を何頭所有してるかというのが他との差だそうです。
そのため仕事の終わった夕方以降はホテルのバー(カフェ)で大型テレビをドバイの競馬を見るのが日課のようです。