2019新児童手当

下記が2019年度の児童手当の内容だそうです。

 

 

説明の一部をご紹介します。文章や説明が長すぎて読み込めませんが大事なのは目の前で配ってくれる金額です。国政選挙では各党がアジェンダの目玉としていろいろ大風呂敷を広げてた時期がありましたが国民の多くは期待してる人は少ないのではないでしょう? 新来日者の人口1000万人をめざしてますのでその人たちの子供の費用も計算してるのでしょう。

実際に児童手当がもらえる児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)となります。

新しい児童手当の支給金額についてのニュースをまとめました。子どもの数や年齢による児童手当の支給金額例ものせているので参考にしてくださいね。

児童手当の額は、受給者ごとに0歳以上18歳に到達してから最初の年度末までの間にある児童の数に応じて決定されます。
19歳以降は児童の数として数えられません。

実際に児童手当がもらえる児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)となります。

私が政治家ならそれも力のある人物なら児童手当は子供が一人生まれれば1000万円の支給です。

子供が生まれたら一人1000万円ならこどもの将来に投資できる可能性が高いです。思い切って4人産めば4000万円。子供に教育を与え親も少しは楽して子供に情熱をいれ高い教育を与えれば日本人の子供なら将来的には仕事をして働き税金として日本にお金が戻ってくる社会を自分と家族そして将来に希望が持てるのではないでしょうか?

 

1000万円は年間100万人の子供に支給する総額は10兆円だけです。
日本の会社の内部保留は500兆円と言われてますのでそれをちょっと貸してもらえば可能な金額です。子供を産んだら1000万円、親もうれしいのは当然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です