日本の進む少子化 しかし対策はすでに始まってます!

出展:朝日新聞 5/4(土) 17:00配信

今年4月1日現在の15歳未満の子どもの数は1533万人で、前年より18万人減った。1982(昭和57)年から38年連続の減少で、記録がある50年以降の最少を更新した。「平成」の30年余りでは、89(平成元)年の2320万人から787万人減っており、少子化を象徴する結果となった。

5日の「こどもの日」にあわせ、総務省が推計した。男子785万人、女子748万人で、男子が37万人多かった。都道府県別では、45道府県で減少した一方、一極集中の進む東京都は8千人増え、沖縄県は前年と同数となった。

全人口に占める子どもの割合は、前年より0・2ポイント低下し、12・1%だった。75(昭和50)年から45年連続の低下で、こちらも過去最低を更新した。

97年以降は、65歳以上の高齢者が子どもより多い。子どもと高齢者の割合の差は年々広がり、今年は高齢者の割合が28・3%と、子どもの倍を超え、「少子高齢化」が際立つ。

子どもを年代別にみても、12~14歳は322万人いるが、若くなるほど先細り、9~11歳321万人、6~8歳309万人、3~5歳295万人、0~2歳は286万人。総務省の担当者は「大きな社会変化がない限り、令和でも子どもの減少傾向は続きそうだ」とみる。

人口4千万人以上の約30カ国と子どもの割合を比べると、日本の12・1%が最低。韓国は12・9%、中国16・9%、米国18・7%で、最高はタンザニアの44・4%という。(大久保貴裕)

我が日本の子の少子化に対して対策はちゃんと考えてるようです。
日本の人口(日本人でなく日本に住む人口)は計画ではこんご1000万人増えるそうですので少子化問題は何年か後には増えますので心配は要りません!

運営者感想と予想
ただし、日本人の人口が増えるのではなく日本に住む人口の話です。
4月から新しい法律が施行され何らかの資格を得ることで今後、来日する労働者が増えるからです。
子供を産んで育てても子供が仕事を始めて税金を納めるのは20年後先ですので手っ取り早く労働者を日本に呼んで働いて貰えば税収入は来日労働者数に比例して増えるのは明らかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です