外国籍児童・生徒1万人超が日本語「無支援」

外国人労働者家族、健康保険は? 国籍不問 国内居住限定問題・・・
すでに問題が発生してるようです・・・
誰のための制度なのか理解できません。
ネパール人やインド人はすで関東に子供たちの学校を作ってます。親たちがお金を出してるようでインド学校は教育レベルが高いので日本人も通ってるようです。国際学校と言えばアメリカンスクールという名称の学校が都内にもたくさんできておりそこに通って英語で授業・・・ただし授業料がビックリする知るほど高いです。

私の姪っ子はバンコク生まれバンコク育ちで3カ国語を話しますが小中学校は日本語学校で先生も日本人。高校はしばらくは日本で高校に通ってましたが馴染めなくてバンコクに戻りインド人国際学校で勉強しました。

海外の日本人学校・・・経営は私立で日本政府は先生の派遣は手伝ってるようですが授業料は安くはありません。特に入学金は数百万円です!

 

日本の公立学校(小中高と特別支援学校)に通い、学校から「日本語教育が必要」と判断されたにもかかわらず、指導を受けられていない外国籍児らが全国で1万400人に上っている。毎日新聞が文部科学省に情報公開請求したところ、こうした児童生徒が全都道府県にいることが判明した。日本語が分からず授業が理解できない「無支援状態」の児童生徒が、外国人集住地域だけでなく全国に広がっていると言え、国レベルの対策が急務になっている。