タイの国王4回目の結婚

結婚式の写真ですがお二人は緊張してるのか?嬉しそうな表情ではないですね。

最近、タイの経済は急上昇中です。かつては日本人はタイ人に一目置かれていたのですが最近はそうではないようです。
タイは王様の国ですので3年前に国王が亡くなって長男のワチラロンコン氏が国王になりました。本来なら一番年上のおねえさんが国王になるべきだったのですが家庭の事情で彼女はアメリカ人と結婚してアメリカに移住しましたので王族の身をはく奪されたのですが今はタイに戻りタクシン派に担がれて首相?の地位を求めてましたが国王の弟が王族が政治に介入するのは駄目だということでそれを諦めたようです・・・

タイでは王族の噂や何かをコメントすると逮捕されるのでタイ国内ではひそひそ話でしか王族の事は語られてません。
ここは日本ですし私のたわごとでは問題はおきないと思います。
長女が国王になる既定路線をぶちこさしたのは弟と言われてます。それも暗殺を企てたのでお姉さんはタイを出たようです。
王族の次女は国民の信頼が高く兄に代わって国王になるのがタイ国民の希望でしたが口に出しては言えません。

微笑の国タイには日本の定年退職者が沢山暮らしてます。年金と退職金で優雅に暮らせる国なのですが数年で退職金を使い果たしてる日本人男性も少なくないようです。
微笑の国ですのでタイ女性が目の前でほほ笑んでくると下半身が熱くなるようでお金をつぎ込み始めると身の破産は早いようです。

タイの王族は日本の天皇家と仲が非常に良いようです。王族のある男性は結婚式1週間前までタイに滞在して今の国王と一緒に遊んでたという話は当時はタイでは有名な話です。

30年前はタイでは日本人は尊敬され賢い子供を作るために日本人のDNAの入った子供をとタイの金持ちが考えた時代もあり日本男性の紹介を依頼されました。女性達は裕福な家庭の女性達ですので結婚したらタイで社長としてタイ妻の稼業を継ぐことになるので逆玉です。
問題点は結婚式は一族のお披露目ですので盛大な結婚式が必要でタイのトップホテル、当時はオリエンタルホテルが定番でしたがその費用は男性の負担ですのでこれが一番のネックで希望者は現れませんでした。

タイの裕福な女性と知り合いになる方法をご存知ですか?
ヨットクラブ、乗馬クラブなど裕福層が通ってるスポーツクラブの会員になってそこで出会いを探すことです。
お金がない、タイ語は話せないそして英語も話せない人はチャンスはないので遠くから眺めるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です