ロシアのウラジオストクはアジア圏・・・その①

目から鱗・・・です!
ロシアがアジアと言ったら全員が否定すると思います。
極東ロシアのウラジオストクはヨーロッパ圏でしょうか?
実はウラジオストクは距離的には日本に一番近い白人国なのです。

ロシアって日本人には良い印象を持ってない人が多いのは時日ですがロシア人は日本が大好きで良い印象を持ってると言ったら信じる人は少ないのも事実。
そんなウラジオストクを紹介して22年目、ウラジオストク女性との縁組は170組を超してます。

ロシア人は白人の国ですがヨーロッパではありませんしアメリカでもありません。ロシア人はロシア人と考えるのが一番わかりやすいです。ロシア独特の考え方や習慣そして食生活・・・ウラジオストクは港町ですので海産物が豊富です。

ロシアアへの渡航はビザやホテル予約で難しい、これは正解ですが昔の話です。ウラジオストク訪問の場合はネットで8日間滞在できるロシアビザが無料で取得できます。

ウラジオストクへ渡航する方法は?
もうすぐ全日空が成田ーウラジオストク間の航空便としてフライトが就航します。それ以外に成田からはロシアの2つの航空会社が便を飛ばしてます。新千歳からの便も新たに加わってます。

飛行時間は?成田からは90分です!
航空券代金は高いのでは? ゴールデンウィーク期間を過ぎれば往復3万円からの航空代金です。全日空が加われば価格競争がはじまるでしょうね!?

成田からウラジオストクの距離はソウルより近いし沖縄より近いです。
成田から旭川の距離がウラジオストクに近いですのでウラジオストク訪問は国内旅行と同じと考えることが出来ます。

ウラジオストクの秘密のベールが剥がされようとしてますがこれはウラジオストクを知らないのが日本では普通だったので仕方がありません。

でもウラジオストクの真実を知ったら・・・中には驚く人もたくさんおられると思います。

世界で一番の親日都市ウラジオストクは人口60万人でまわりを含めれば100万人都市です。ロシアは美人国で有名ですがロシアの美人の産地はウラジオストクです! 今まで170組以上のカップリングでウラジオストク女性が日本に住んでます。

ロシアは日本の47倍広い面積ですが人口は日本とほぼ同じです。
ロシアの中央にそびえるウラル山脈を挟んでロシアはヨーロッパ圏とアジア圏に分けて考えることが出来ますのでウラジオストクはアジア圏と考えることが出来ます。アジア圏のロシア人は決してヨーロッパ人と自称しませんので生意気な人は少ないのがヨーロッパ圏のロシア人と比較した場合の大きな違いです。
これは実際にロシアの大都市に行けば日本人をアジア人と見下す人がいますがウラジオストクで日本人をアジア人と見下す人はまずいませんね。ウラジオストク人自体がひょっとしたら自分たちはアジア人ではないのか?と思ってる人が少なからずいますので白人特有の上から目線でなく同じ高さの目線で接してくれますので白人恐怖症の方には心地よ場所です!

ウラジオストク人は日本人に対して尊敬の念を抱いてるのが普通で日本人の名前を呼ぶときに”さん”と敬称をつけて名前を呼ぶ人が多いですね。

ウラジオストクの何が日本男性にはお勧めなのでしょうか?
結婚、国際、ガールフレンド(恋人)関係とご希望に沿って女性をご紹介することが出来ますが相手も選ぶ権利がありますのでロシア人に好まれる性格と品位が必要です。品位に関しては私が22年以上現地の人に歓迎されてますので普通の日本人であれば問題はありません。

そしてもう一つ、日本人が信じられないのは・・・
ウラジオストクでガールフレンドを作り深い男女の関係になっても女性にお金、俗に言われるお手当はありません! もし、女性にお金を払えば売春になりますので女性もお金は請求しません。(他のロシアの都市では昔のホステス崩れでお金が日本人から貰えると勘違いしてる人もおられるようです・・・)。
日本人の中にはお金で女性を引き留めようと考えてる人もられますがこれはロシアでは通用しません。日本の常識、殻を脱がないと楽しくロシアでは時間が過ごせません!

ウラジオストク女性と知り合う入り口としてウラジオストク女性を中心に集めた出会いサイトを5月から開始予定です。日本語、英語そしてロシア語の翻訳ソフトサイトですので完璧な翻訳ではないですが大体の意思疎通は可能と思います。
一番のお勧めは英語でのコミュニケーションです。

もしウラジオストク女性と仲良くなったら日本に招待することも可能です。飛行機代と日本ビザ代が必要ですが近い将来、日本ビザが廃止になれば航空運賃だけで来日可能です。ウラジオストクー成田往復で3万円台です。

ロシア女性と結婚・・・これも可能ですがウラジオストク女性は自立を当然と考えてる人たちなので女性のための仕事を見つけてあげることが大切です。
日本男性と結婚したロシア女性を男性の日本の母親は大和撫子みたいと言う人もいます。親に反抗しない、家事一切は女性の仕事とロシア女性は育てられてますので男性に欧米女性のように男女平等と権利を主張する人は少ないですね。

 

ロシア女性ではなくウラジオストク女性と知り合う方法は初心者の方には出会いサイトが5月から開始予定ですので無料で登録を行ってください。
月料金は2000円で一カ月単位でのお支払いです。

URL: https://vladlady.club

 

https://vladlady.club

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です