出産は35歳まで

欧米などでは最低の知識として35歳以上の女性が出産する場合はいろいろな弊害があることを教えられ女性達はそれを司会してます。出産に一番適した年齢は25歳前後と私のパートナーは習ったそうですが日本ではそのような教育はしてるのでしょうか?

日本は医学が進歩していろいろな医学的術で40歳を超しても出産は可能というのが一般的に流布されてるようですが正しいのでしょうか? それを日本のメディアは手伝ってますね!
厚生省としては相当額の援助を高齢出産で支援してましたが最近は50歳の女性が出産とかいうニュースは流れなくなってます。

高齢出産、アメリカの場合は35歳以上の出産は母体への影響、生まれてくる子供への影響(ダウン症)が高くなると医学的に証明されてるので無理をして子供を産むという女性は日本に比べて低いと思います。誰かそのような数字を出して欲しいですね。

高齢出産は諦めて養子を貰うのが普通でロシアでは海外からの養子依頼はすべて受け付けなくなってます。以前、ロシアでアメリカやイタリアから養子を貰いに来てる人達にウラジオストクのホテルで会ったことがありますがアメリカの場合はある宗教団体に属する夫婦がロシアのハンディキャップのある子どもを養子にしてました。
日本人はそんな真似は出来ないでしょうね!

今日は日本の情報で帝王切開の記事が出てました。高齢出産の場合はこの帝王切開が多いそうで数字的には出産の2割が帝王切開だそうです。私の周りの人を考えてた半分が帝王切開だったのではないでしょうか。

このブログが参考になったら下記をクリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です