インドとパキスタンの戦争

インド人とパキスタン人・・・昔は一つの国でしたが宗教の関係で国が分裂しました。
昔の世界史ではインド、東パキスタンそして西パキスタンの3つに分裂したことはおぼろげな記憶で覚えてます。
そして西パキスタンがいつのまにかバングラデッシュになり今に至ってます。

インドはヒンドゥー教でヒンドゥー語、
パキスタンはイスラム教でウルドゥー語。

ヒンドゥー語とウルドゥー語は文字が異なりますが言葉自体はほぼ発音が同じで意味も同じだそうです。
かつては同じ国の人間同士だったからです。

ヒンドゥー教は他の宗教にも寛大ですがイスラム教はそうではないですね。
この二つの国は旅したことがありますが感動するような体験はなかったですので時間とお金があってももう一度この国に行く予定はありません。肌が合わなかった・・・それだけの理由です。食べ物のも口に会いませんでした。

両方の国は親日国ですね!
アメリカで一番収入が高いのはインド系の人達だそうです。
パキスタン人は日本では車の海外輸出の手続きを独占してます。

アジア圏はどこまで?で悩みます

一応30カ国と限定してますがスポーツの試合などではアラブ圏がアジアの中に入ってサッカーなどの試合をしてる場合があります。

イランはアジア圏でワールドカップ出場の試合に出てますが今回のサイトではイランは仲間に入れてませんので必ず何らかの苦情がくると思われます。日本は石油国には非常に日本ビザを緩和しておりイランもその一つです。
原宿なのではアフリカのナイジェリアの人達がたくさんたむろしてます。

もちろんナイジェリアは石油産出国ですので・・・。

今回エジプト人から日本女性を紹介してくださいと依頼がありました。
エジプトはアフリカですので断ったら・・・友人の紹介なので差別とは騒がないと思いますがやはり考えます。

昨日は知り合いから電話があり結婚できない女性がたくさんいるので何とかなりませんか?と言われました。
私が日本男性をロシア女性に紹介してるのは知っておられるのですが今回は日本女性が対象です。

東京に住んでる人が出会いが少ないとよく言いますので地方に住んでる人はなおさらですね。
電話口ではとにかく一回くらいは結婚させてあげたいので誰か良い男性はいませんか?贅沢は言わせませんということなので今現在、日本に住んでるアジア男性、日本語が話せて正式の滞在ビザを持ってる人たちを対象にした出会い系サイトで知り合い結婚にゴールインするかもしれませんね!と説明したら相手は 一言 ”アジア人ですか?”とびっくりされてました。

異文化人との結婚に必要な最低資質

習慣や常識そして日本と異なる躾けで育った異性と結婚する場合は楽しいこともありますが苦労も絶えません。
苦労や問題があるのは当然と考えそれを前向きに考えれる人は異文化人との結婚が出来る最低の資質と思います。
日本人と結婚し日本に住む場合は日本の習慣や常識には従うのは当然だ!と考える方には異文化人との結婚はお勧めしません。