アジア人とセックスの話

男の場合はそれなりに精力を処理できる場所があるのは当然ですのでそれなりに処理してるようです。もちろんガールフレンドとセックスというのはあり得ないと考えることが出来ますが中には古風な考えと考えない女性も出てきてますが少ないですね。そのためお金のない男性は同性に興味を持ち始める?というのは私の持論です。

これがアラブの国だったら女性は女性でもメスを代用する場合があるのも普通です。羊さん達はすこし可哀そうです。アラブ系を差別する言葉で”砂漠へ行って処理してこい”というのがあります。私も一度この言葉を使ったことがあります。イスタンブールから隣のブルガリアのソフィアまでのバスので中でイラク人のグループと一緒になり男性たちが私が目づらしいのか声をかけて友好的に話をしてる中で一人の男性が一晩一緒に過ごしませんか?とっ話しかけてきましたので即、拒否したらこんどは”いくら欲しいですか?”ということで1000ドルと答えたら”高い!”とイラクの相場とは違ってたようで値切ってきました。

”私は経験がないから1000ドルは妥当”という説明で理解したのかどうか諦めたようですが次の言葉がアラビア語で”ブス”という言葉。周りのイラク人の仲間たちが大笑いを始めました。私が女性だったら日本語でブスと言われたと思うかもしれませんがアラビア語のブスの意味は ”キス”の意味です。もちろん断りましたがアラブ人の力に負けました! まぁホッペにキスをするのは東欧でも男同士でも挨拶普通にしますので・・・。

男性はいろいろな方法で性欲は処理できますが問題は女性達。冗談でもそんな質問はアジア系の女性には出来ません。もし、そんな質問をしたら…想像も出来ません。

そんな中スリランカの友人からスリランカ女性の精力はすごいですよ!と聞かされビックリしました。人間ですから性欲は自然に芽生えるので結婚式が終わるまで我慢してるのでしょう。我慢というよりそんな考えを押させてるのでしょう。

ネパールでは新婚旅行、裕福層しか出来ませんが以前は隣のインドへ新婚旅行が普通だったそうですが最近は結婚式の後はちょっと高めのホテルに1週間二人で部屋に閉じこまるようです。1週間やりっぱなしと聞いた時にネパールの男性がそんなに精力があるのかと不思議に思いましたが男性でなく女性が求めてるのですね。

ロシアの場合は結婚に関しては非常に保守的な人が多くビクトリアン教育の影響だそうです。結婚をする相手には体は結婚式がい終わるまで開いてくれません。男性が私を本当に大事に思ってるなら簡単に体を求めてこない、結婚式の前に体を求めるのは本心は遊びとロシア女性が考えるからです。

ロシアの場合は1週間ホテルに泊まって頑張るのではなく結婚後3カ月は毎日セックスを求めて来るそうです。日本男性はこの話をすると精力はOKですと答えるのが普通ですが3カ月間毎日最低は一回という経験をした人はいるのでしょうか??

一つだけ助けがあります! ロシアの習慣?でセックスは女性が主導権を握りますので男性はマグロで何もしなくて良いのです。
これを知らなかった日本男性がロシア女性に奉仕をしたそうですので女性はびっくりから新しい世界に入っていったようです。

このブログが参考になったら下記をクリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村