病気の話・・・保険と治療代金

4月から大勢の労働者が来日します。
月給2万円の国からひょっとしたら20万円以上貰えるという可能性を持ってる人達です。
実際の給料を貰うときはその前に立ちはだかる 中間業者が何重にも待ってるので実際に手にする手取りは?今後大きな問題になるでしょうね。

そして政府の負担としての医療費の問題もあります。留学生は国民健康保険の最低限?を毎月払ってるようですが数千円の支払いで病気の治療がカバーできるの保険に関しては皆さん真面目に払ってるようです。

昨日は知り合いの日本女性の電話がありましたがか細い声で誰が話してるのか理解できないので”どちら様ですか?”と聞き直しました。私の妻のお友達でしたが彼女のいびきが煩かったと妻のアドバイスで病院に行ったら重症の無呼吸なんとかというc病気と診断され寝るときにマスクみたいに顔に装着する機器を渡されたそうです。

この機器は一生使い続ける必要があるそうで定期的な検査で病院に行く必要もあるようです・・・とお医者さんから言われた他ので相当彼女は落ち込んでたようです。幸いにこの機械は保険が適用されるそうです。旅行に行くときもこの機械は一緒に持っていく必要があります。そしてこの機械を使って治療が可能なのか疑問です。
一生使い続ける、同じような治療に透析があります。
ある病院の透析室、ベッド数60なので毎日忙しでしょう。

下記の症候があったら腎臓に問題があるかも知れないので検査が必要だそうです(病院のセリフ)。

おしっこが出にくい、或いは勢いよく出ない
おしっこが近くて終わった後もすっきりしない
おしっこに血が混じっている
おしっこをする時に痛みを感じる
尿道口から膿のようなものが出ている
夜中に何度もトイレに起きる
くしゃみや咳でおしっこが出てしまう
トイレに間に合わず漏らしてしまう
おねしょで困っている
おちんちんの先が赤くなって腫れている
睾丸が腫れている、または痛い
片側の背中が重苦しい、或いは痛い
手足がむくんでいる感じで靴下の跡がとれにくい
下腹に不快感を感じる時がある
疲れやすく常に全身の倦怠感がある
以前より勃起しにくくなった
子供が欲しいが、なかなか出来ない(男性側)
学校や職場の健診でタンパク尿や高血圧を指摘された

透析が必要な患者数はどんどん増えてます。医学の進歩とは逆に医療機器会社は官女が増えてホクホクですし病院も嬉しいでしょうね

政府の統計で外国人労働者の病院で使ってる金額と政府の負担金の数字が知りたいです。
外国からの労働者が増えれば医療費は急上昇するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です