恋愛結婚の歴史・・・

日本人には恋愛経験というのは難しいようです。
恋愛小説や恋愛ドラマみたいに筋書きがあれば良いですが普通の場合は恋愛?は苦手な人が多いのではないでしょうか。

歴史的に源氏物語や江戸時代の恋愛?の書き物がありますが対象や貴族や武士の話で全人口の1%未満の階級の話は庶民には参考になりません。

ウーマンリブ運動が起きたころから女性の社会進出などで女性も外に出て働き始め男女の出会いが出来たのですが今の未婚の人達の口癖は”出会いがない”の一言で嘆いてる人が多いのが現実の話ではないでしょうか。

庶民の間ではかつては親が結婚相手を決めたり近所の世話好きババアが写真を持って近所を回ってた時代を少し覚えてます。当時は交通機関も不便で行動範囲も狭かったので結婚したい人たちは身分相応で結婚してたのが普通ではなかったでしょうか?

その時代は子孫繁栄が親の希望で孫を持つために結婚を急かしてた感もあります。
政府やいろいろな研究者が晩婚化や結婚しない理由を研究発表してますが専門家がいろいろ話す内容より結婚をしたいと考えてる人が自分で考えるのが大事と思います。
私の研究というか見聞では
現在は結婚相手に対する注文が多いのが一つの原因と思います。

私は日本男性にロシア女性と結婚のビジネスを22年行ってますが男性の共通点は
①美人を希望
②可愛い人を希望
③金髪を希望

これがロシア人と結婚する理由でしょうか?

問合せのある方にロシアに何を期待するかと質問をしてます。
①結婚なら多くのロシア女性は超保守的で結婚式が終わるまでセックスは出来ません。
②セックスが希望ならロシアでは売春婦は禁止ですが一部ホテルに専属女性がいます。
③ロシア女性をナンパしたい。ナンパはロシアでは普通なのでロシア語が必要です。