パリ症候群

有名な精神疾患(適応障害の一つ)に「」というものがある。日本人観光客は、圧倒的にこの病にかかりやすい。それまで抱いていたファッションで身を包んでパリジェンヌが彼方此方に歩いており街には花の都と呼ばれる花が咲き乱れてるパリのイメージと現実が異なることを目の当たりにした途端、パリ症候群を発症するようです。
症状はかなり深刻で、幻覚や被害妄想、吐き気をもよおすこともある。

と説明が出来ますが実際にはこのパリ症候群とパリで診断されたという女性と話をしたことがあります。

病名をつける前に・・・この女性は変だと? フランスに住むこの症候群の名付け親の日本人精神医は気付かなかったと不思議です。

こんな人たちには世界で活躍して欲しくないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です