コンビニでエロ本の販売が中止

標準

コンビニでエロ本の立ち読みをする人は多いようですが今年中にはすべてのコンビニでのエロ本の販売が中止になるようです。
エロ本は買えば結構高いですが立ち読みだけなら無料ですが最近は立ち読みもカバーが掛けられ読めなくなってます。
ネットがこれからもっと普及してくれば若者はエロ本のコンビニでは立ち読みはしないでしょう。その前にエロ本の出版会社の経営が成り立たなくなります。
今の時代そして将来はネットの動画配信でエロ本以上にたくさんの情報に接することができます。

今はYoutubeが大流行でエロ系のユーチューバーがアジア各国の情報を自分の顔を出して毎日アップしてますがその数は日増しに増えてきてます。
ひょっとしたら将来はユーチューバーになって稼げると考えてるのでしょうがアクセス数は商売として稼げる金額にはならないでしょう。
下記の動画をご覧になれば分かると思います。
動画を見てもらう対象は貧乏人が対象でいかに安く出来るかという内容です。金はかけずに安くナンパする・・・それも商売相手の女性たちを相手にしてますので女子絵のレベルは決して高くはないようです。

最近はベトナム情報が増えてます。

タニヤというのはバンコクの日本人村で日本語を話すタイ女性が働いてる地域です。ここはバンコクやタイ在住のそれなりの収入のある日本人が遊ぶ場所ですので間違っても貧乏人が行く場所ではありません。

経験や体験で外国の繁華街等で遊ぶのは一時期の思い出で結構だと思います。
しかし、中には嵌ってしまう人も少なくありません。
40年間くらい世界中を旅していろいろな経験をしてますが残念に思うのは現地に嵌ってしまう人たちです。
数千万円の退職金を物価の安い国で女性に貢いで数年で貧乏になった日本人を多く見てきてます・・・

次のブログでは嵌った日本男性のお話ですがその前に外道の細道そして東南アジア男性に嵌った日本女性の話です。

内容に興味があったら下記を一回クリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

国際ロマンス詐欺をご存知ですか?

標準

国際と名がついてますので日本と外国(国際)間の偽恋愛(ロマンス)詐欺の事です。
インターネットが世界で繋がり始めた頃である2000年代にはすでに男性向けのロマンス詐欺が英語版で人気を集めロシアや東ヨーロッパの女性たちが英語圏の男性相手に交際や結婚を求めるネットが流行り相当数の英語圏の男性たちが美女との交際を求めたサービスです。もちろん現在も存在してますが日本で今回大きくニュースで取り上げたのは被害者の数が多すぎるからでしょう。初期の頃のサイトは男性用で英語でしたので日本ではさほど被害者は出ませんでしたが現在の状況は日本女性が被害者になってます。

ロシアや東欧諸国の美女たちの男性に対する交際希望はあなたに会いたい、結婚したいけどあなたの国に行く費用がないので・・・と女性が語り掛ければ多くの男性が喜んで飛行代金やビザ代金を50万円100万円単位で相手国に送金し相手側がお金を受け取ると音信が普通になる・・・というのが普通でした。
女性は20歳代でモデルクラスの美女です。実際に紹介されたり交際が始まった女性は実際の女性ではありません。もちろん真面目に運営してる会社もありましたので実際に結婚されてる人達もおられますが50歳代の未婚の男性を20歳代の美女が相手にしてくれる事に疑問を持たれなかったのが私には不思議ですが現在は男性相手の詐欺サイトもまだ健在です。

現在の日本女性の国際ロマンス詐欺事件はネットでも調べることが出来ますしネットニュースでも取り上げられてます。

被害に会う女性の年齢は40歳代から50歳過ぎの未婚女性。
多少の英語が分かり話せる人たちです。

代表的な手口は・・・
加害者はマレーシアに住むグループで人種的にはほとんどがナイジェリア人達。
詐欺の方法は白人の写真をネットで見つけ出し勝手に本人いなりすまして流用して女性にアピールしてます。
特に妻を亡くし子供が4歳くらいだと女性には効果抜群。50歳代で子供を産みたいと考えてる人は日本にはいますが普通なら出産は諦めてる年代ですので子供がいても女性は気にしません。それよりも白人の子供のママになれるかも知れないのです・・・。

SNAネット交流サイトで好みの男性を見つけた女性が男性にメールを送ると男性から情熱的なメールが女性に戻ってきます。
そして交際の手口はは英語で甘い言葉や愛してますと英語で呟くのです。日本男性が会ったこともない女性にそんな言葉を使えば日本女性は警戒心と言う”バカ”で終わる話ですがこれが英語だと判断力が飛ん行くのでしょうね。ほとんどの場合は男性は女性より10歳くらい若い自称白人(実際はアフリカ人で英語を話す人たち)

何回かメールや電話で交際が進むと男性は日本に女性に会いに行くと言い出します。そして航空券を買って来日・・・なのですが来日前に
交通事故に合ってその費用を航空運賃から急いで支払ったので日本にはすぐには行けなくなったので航空運賃を送ってくださいと話しかけ送金を依頼します。
すると幾らなの?と女性が尋ねるので5千ドル(50万円)と答えると何と送金する女性がいるのです!!!

他の理由は母が急に倒れて入院したので日本に行くことが出来なくなった・・・女性が送金します。40歳代後半の女性たちは独身ですのでそれくらいの貯金はあるでしょうね。
いつもアイラブユーと囁いてくれるバーチャル恋人が困ってるし飛行機代を払えばすぐに来日してくれるのだから・・・と夢から覚めてない状態の人は簡単にお金を送るのでしょうね。

送金に関しては10秒で海外送金が出来ますというウエスタン・ユニオンという銀行を使えば簡単に送金できます(日本にも代理店があります)。
一度送金したら次から次に新しい理由を付けて送金を依頼するのが常套手段ですので一度送金した女性は送金を躊躇えば男性から嫌われる・・・と考えるようです。
これが国際ロマンス詐欺の代表例です。
ネットには国際ロマンス詐欺関係のサイトが多々あります。中には被害者会を作ってる人達もおられますし騙された女性が詐欺師たちの情報、特に写真を公開してるサイトもあります。しかしその詐欺師の写真を見た女性が
”私の彼氏を犯罪人にしないで!”と怒ってる人もいます。日本女性同士で慰めあったり貶したりと修羅場状態です。

日本女性の心理状態を見抜いてるグループはいろいろな方法でアクセスしてきてますがメールや電話だけの交際で一度も会ったことのない人に送金するのは私には不思議ですか女性たちは・・・私は同情はしません。周りの人に相談すればほとんどの人が”目を覚ませ”と言ってくれる筈です。

インターネットメールはちょっとパソコンに詳しい人なら派パソコンには各自のIPアドレスが必ずあるのでそのIPアドレスを調べればどこからメールが送信されてきたか調べることが出来ます。日本女性を狙ってる自称白人のアフリカ人たちはマレーシアを基地にしてる人が多いです。多かったのですが今日の新聞情報では福岡と埼玉を調べてるということなので日本にも基地があるのでしょうね。ロシアや東欧のロマンス詐害(男性相手)の場合はアメリカから発信してるのが多いと聞いたことがあります。

国際ロマンス詐欺で公表された一番金額の多かったのはカナダ女性で1億円を軽く超えてます。
日本女性はYoutubeで1500万円という人が紹介されてます。

内容に興味があったら下記を一回クリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

外国人パブ、ロシアパブは消滅?

標準

需要と供給の関係から考えると問題はないと思いますがバブル期に大流行した外国人パブは今でも健在なようです。日本で仕事をしてお金を稼ぎたい人、異文化女性と簡単に触れ合いを楽しむために外国人パブに通いたい日本男性・・・。今年4月から新しい法律で大勢の外国人(ほとんどアジア人)が来日しますがかつては興行ビザ(エンタティメント)のビザ緩和の話は出てないようです。

かつてはフィリピンから年間8万人に興行ビザが発行されてましたが2008年ごろからアメリカの圧力で日本は世界でも有名な売春国なのでどうにかしろとアメリカの横やりで日本政府が素直に規制をはじめ年間8000人まではOKという記事を読んだことがあります。

同じくロシアンパブはプーチン大統領の一言でロシア女性が売春婦と思われるのは国の恥だということでロシア側から規制が始まり現在はロシア人ホステスさんが来日するのは不可能になってます。
でも、ロシアンパブはまだ場所によっては残ってるようです。

私はフィリピン関係の情報は皆無ですが仕事でロシアのウラジオストクに頻繁に通っていたので少し詳しいです。ただし、日本へのホステス供給基地はハバロフスクでウラジオストクは少数のホステスサンヲ中国と韓国にだしてました。韓国へ仕事で行くウラジオストク女性は主に米軍基地で働いてました。

ウラジオストクに里帰りをしたロシア女性が地元の新聞に日本で高級アルバイト募集の記事を見つけたようです。条件としては”日本人配偶者のいるロシア女性”だったそうで日本男性の配偶者のロシア女性なら仕事は日本で何でも可能ですので新しいホステスさん供給源と考えてたのでしょう。もちろんホステスビジネスで莫大な利益を得てた日本のプロモーターが行ったのでしょう。

莫大な利益・・・ホステスさんが日本で1カ月働けば一人当たり10万円の収益で月200人の女性を日本に送ってたプロモーターの利益が想像できます。

ロシアのハバロフスクではテレビ広告(テレビの下に求人募集のテロップが流れてるのを見たことがあります。当時、ハバロフスク現地のオフィスを構える日本のプロモーター数社がありました。

私も一度ロシアの友人からホステスビジネスの話を持ち掛けられましたのでその内容は・・・
ロシア女性は身長170cmまで、ブロンドに髪を染めてる女性は採用の際は有利。興行ビザですので踊りや歌が歌えることが重要でオーデションがありそこで水着姿を出すことで採用が決定されてたようです。興行ビザは何か特技(踊りや歌)が必要でそれを証明する書類が必須でしたので書類は偽造でザ審査をパスしてました。

日本でホステスを雇うお店はアパートの提供(二人住まい)、毎日1000円の食事代をお店から貰い月給は10万円。お休みは月2回くらい?店外デートは禁止! これは売春などで問題を起こした場合はお店が罰を受けるからとロシアホステスは売春目的で来日してないので結構守られてたようです。
ロシア女性は金髪が多かったのでお店の関係者も繁華街等をチェックしてました。ロシア人ホステスさんは問題も起こさず契約期間を過ごせば6カ月間日本で仕事が出来たので再契約をして貰うためにルールを守っていたようです。ルールを破れば即刻帰国もしくは不法滞在者の道しか残ってません。

お店にとっては新しいホステスさんが来店する人には好まれるのでハバロフスク周辺でホステスを採用出来る人が少なくなってきたのでロシア各地に新しいホステスさん探しが始まりロシア中にネットワークが出来たようです。

ロシア女性は人に愛想を振る撒くのは苦手なのでホステス業には向いてないのですが1980年代後半はロシアは大不況時代で働いても給料が出ないのが普通だった時期に日本で月10万円稼げるのは家族のために魅力的でした。

初期のロシア人ホステスさんはほとんど大卒や大学の先生で英語が話せるのが基本でした。
日本で3カ月働けば家族を養えるお金が貯めれたからです。

ロシア人ホステス・・・来日してたロシア女性の8割は既婚者でした。
一度ハバロフスクの空港に到着した時、空港の出迎えはビックリするほどの出迎え者たちが飛行機から降りてくるロシア女性を待ってる旦那さんやその子供たちでした。本当にその数に驚いたのでロシア人に理由を尋ねたら今日の日本からのフライトには多くのホステス契約が終了した人たちが多数帰国したのでしょう、と。

内容に興味があったら下記を一回クリックしてください。この関係の実話はたくさんあります!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

扶養控除で税金が還付されるのを知らない国際結婚カップル

標準

何と優しい日本政府。税金は払うだけでなく手続きをすれば税金が戻るっていう法律もあるのです。
誰、どの国を対象にしたのか分かりませんが一部の人達は活用して払った税金を戻してもらってます。国際結婚カップルならこの制度が利用できますのでお近くの税務署を訪問して直接説明してもらうのが早道です。

専門家に依頼すれば手続き等をすべて行ってくれますので楽です。ただし、手数料は支払わなくてはなりません。法律用語や難しい?説明を理解することが大事です。これも一つの国際結婚の知識と思います。

内容は海外に扶養家族が住んでおりそこに仕送りをしてる人には税金控除が受かられるという制度です。時々新聞で大きく騒がれたのでシステムが少し変わってきてるようですが取り合えずお近くの税務署で真面目に働いて税金ははらってます。国際結婚をしてます、そして海外にも扶養家族があり送金してますと説明すれば税務署はあなたに税金が戻る方法を教えてくれるはずです。

その前にネットで少し知識を得ることをお勧めします。

海外に扶養家族が30人いるという人の新聞記事を読んだことがあります。
平成28年に制度の見直しがあったようです。

ネットでもいろいろ情報があります。
ブログ・・・ここをクリック

可笑しな国際結婚の都市伝説

標準

都市伝説という言葉が正しいかどうか分かりませんが日本では国際結婚の意味は日本男性がアジア系女性と結婚するという意味に考える人が多く日本女性の場合は欧米系白人男性と結婚することを指すことが多いですね。

男性がアジア系女性と結婚すると結納金を払ったり女性の親に仕送りをするのが当然と考えてるのも普通です。

女性の場合は男性から結納金が貰えるのでは?と期待してる人も時々います・・・
そして欧米男性は女性の親へ将来的には多少なりとも仕送りを手伝ってくれるのでは?と期待する人もいるようです。

これらは日本にはびこる都市伝説?と私は考えてます。目を覚ましてください!
これは日本の常識?を国際結婚に当てはめてるだけです。私の会員さんで結婚するときに女性の親に結納金や毎月の仕送り額を尋ねて大ひんしゅくとなった人がいました。20数年前の話ですが・・・。女性の親がビックリしたのです。

結納金:女性の親は私達の娘と結婚するのになぜお金を払うのですか?お金を払うということは娘が日本に行ったらあなたは娘をどこかに売り飛ばすのですか? その国では結納金なんてないので親はびっくりでした。日本の習慣ということを説明して親は納得しましたが次の質問でまたもや親を見下げてる質問がでました。毎月の仕送り額です・・・
その時女性の親は日本男性に言いました。
私たちは家をもってるのでそこで生活してます。洋服も普通に着てます。食事も普通に作って毎日食べてます。収入は日本より少ないですが夫婦共稼ぎで生活には困ってません。何故、私たちが娘の旦那になるひとからお金を貰う必要があるのですか?

と反論された男性は返答に困ったそうです。相手国の実情を日本に当てはめてる、日本より収入が少ないのでお金は当然必要だろう、と考えておられたのでしょうか?

日本女性もアメリカ人と結婚が決まった時にビックリ以上の驚き、アメリカの常識があるのに気が付く人がいます。アメリカでは結婚式をする場合は結婚式費用は男性でなく女性が払うのがアメリカでは普通ということを知らなかったからです。結婚式の費用は当然男性が払うのは日本式です。
アメリカのセレブと結婚したいと一時期セレブという言葉がはやり日本女性の中には憧れてる人もいましたがセレブと結婚するときの費用は女性が払うものとは考えてないでしょうね。

欧米人は交際をへてお互いを理解して結婚を決めますがその交際中に将来の話の中で金銭に関する話し合いは大事ですがその過程を経ない短期間で国際結婚、つまり異文化人と結婚する場合は日本の普段の常識(日本独自と言っても過言ではないです)に当てはめて業者(短期間で結婚できるサービス)を提供してる場合は業者が介入してますので日本で普通に思われてる結納金や仕送りなどを埋め込まれるのでしょうか?

結納金に関しては女性が男性に払うのは南アジア国では普通です。
どうしても結納金が欲しい女性はイスラム系のお金持ちと結婚すれば結納金ではないですが男性の家に引っ越す移動費を貰えます(男性の収入に比例しますがクウェートの場合は平均100万円くらい)。結婚する女性はその交通費(結納金)を貰って手ぶらで男性に嫁げばすべて男性が必要品を揃えてくれます(クウェートでは車は必需品ですので車のライセンスは女性の必需品です)。

親への仕送り:親への仕送りは自分を育ててくれた親への感謝で可能な金額を仕送りするのは普通です。私の妻も義母がなくなるまで年金だけでは少ないので20年間義母が亡くなるまで仕送りをしてました。一度、私が仕送りの手伝いをしましょうか?と言ったら怒られました・・・。あなたが私の母に仕送りをしたら私はあなたの親にも仕送りをしなくてはなりません。仕送りは私の考えであったあなたは全く関係ないのであなたの親を大事にしてください。そして二度とそのような話は私にはしないでください・・・それ以来、仕送りの話は私の頭から消えました。

私は国際結婚業を20数年に渡って行ってますが金銭に関しては結婚前にお二人がしっかり話をすることが大事です。また、結婚したら女性の親への仕送りを求める女性は何のために結婚をするのかと女性の考えてることを十分に話し合うことが大事ですが仕送りは当然と考える女性、女性の親は裕福でないので仕送りをしてあげると考える男性も少なくありませんが金の切れ目は縁の切れ目とという事実を考えてください。

私にすれば仕送りは男性が当然とすべきことと考えてる女性は人間的に賢くない人です。

内容に興味があったら下記を一回クリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

元探偵さんが結婚できない人をサポートするビジネス!?

標準

こんな商売もあるのですね。
元探偵のサラリーマンでいろいろなけ結婚詐欺の調査をしてたそうで今は独立してアドバイザー?
Youtuberでいろいろ動画をアップされてます。
プレゼントを主題に本日アップされた動画。

いろいろ経験から話されてますが一つだけ私が同意できたのはプレゼントを渡す前にラッピングをするというアドバイスです。

 

お金があっても幸せになれないクウェート男性!?

標準

親日国のクウェートは湾岸諸国の一つです。
クウェート人=モスレム=テロリストと考える人は少なくありません。クウェート人が来日すると日本の空港では別室に連れていかれ特別な検査などがされてるとクウェート人が話してくれました。彼はそれに対して怒りたかったけど大人の考えで仕方がない(日本人のレベルを理解)と諦めてます。
東北大震災で台湾が高額援助をしたと言われてますが一番の寄付国はクウェートだった事実は日本人は知りません。
ネットで調べれば情報はありますがクウェート人は日本人がその事実を知らないことは気にしてません。
日本はクウェート建国以来ずっと真面目に支援してる第一の国と感謝してるからです。

クウェートの友人は大の親日家で何回か来日しており私たちも夫婦でクウェートを訪問したことがありますので多少なりにクウェートの実情と現実を理解してます。

クウェート人はお金持ちです。10数年前で大卒の初任給が800万円を超してたので今は1千万円は確実に超してるでしょう。
クウェートは税金はありません。学校や病院は無料です。子供手当で一人当たり4万円くらいが政府から洋服代として払われてますので5人の子供がいれば洋服代は月20万円!
このお金はクウェート妻がもらえるようです。旦那からは毎月の小遣い(手当)を貰ってますが買い物はすべて旦那と一緒に出掛け食料代金は旦那の支払いです。つまりクウェート人妻は生活のための支払いは皆無ではないでしょうか?

クウェートは独身男性が多く離婚も結構多い事実があります。
イスラム教徒なので悪いことをしたら地獄に行かされると信じてる人が他のイスラム国とは大きく異なるクウェート人が多いです。
結婚するときは健康契約書なるものを提出しないと結婚は認められませんのでその書類には離婚の際に女性に支払う慰謝料等が細かく記載されてます。
結婚の条件として女性の希望(必須)が書かれており男性はそれを守らないと女性が離婚を宣言すると裁判が始まり結局は男性は多大なる慰謝料を払うことになります。
クウェートの地元新聞にカップルの離婚理由が面白く書かれてますがクウェート男性にすればクウェート女性は完璧な詐欺師という人もいます。

離婚理由:結婚して初めて知った旦那の食事のマナーが最低とか歯を磨かないという理由でで離婚を申請・・・まともな理由は少ないようです。
私の友人んも一度離婚してます。結婚条件でお手伝いさんは当然だが子供が生まれた時は母親の母乳で子供を育て養母は雇わないとお互いに誓約書に書いて結婚相手もそれを承諾したそうですが結婚してすぐに数名のお手伝いそして乳母を用意しろと騒ぎ始めたそうです。
乳母は大体、英語を話す女性が赤ちゃんを面倒見ることになりますがクウェートではそのような子育てが普通で子供は成長するにつれ英語とアラビア語は話せるようになりますが乳母を実母と考える子供が多くなり家族関係、生みの親は何なのですか?という社会問題があるので私の友人は乳母を雇うことは反対だったのですがアラブ国では女性の発言力が結構強いようです。

クウェート国籍のクウェート人なら離婚する場合は・・・我々ならびっくりするような慰謝料そして毎月に支払い・・・などなど女性は一生遊んで暮らせるお金を手に入れることが出来るようです。だったら最初から結婚しないのが一番だとクウェート男性は考えてるのが現在の現実です。

現在50人を超す日本女性がクウェート人と結婚して現地に住んでますが私はまだ知り合いがいないので情報はクウェート在住の女性のブログや直接の疑問はクウェートの友人にメールで尋ねて教えてもらってます。
クウェートにはアジア諸国からたくさんの労働者やメイドが働いてますのでクウェート人にとっては雑用の仕事をしてる人には目線が高いようです。
しかし、日本人と韓国人はクウェートでは欧米人と一緒に見られてるそうです。何か嬉しくない評価ですね・・・。
前にクウェートに行った時は15軒の日本レストランがありました。ドバイと同じで巨大なショッピングモールがありショッピングや食事は世界レベルの物が簡単に手に入り料金も日本より安いです。ガソリンは今は1リッター20円を超してると思います。飲料水は日本が海水から飲料水にする技術を昔から提供してるのが日本人に感謝してくれる一つの理由です。

今は1月、この時期がクウェートを旅行する一番の時期です。日中の気温が20度から25度と快適な時期です。
この快適な時期にクウェート人は砂漠に家を移してそこで暮らしてる人達もいます。(家を移すというのは砂漠に大テントを張ってその中に家の家具を持ち込んで生活することです)。砂漠の民であったDNAがそうさせるのでしょうね。

クウェート男性は収入を増やすためには勉強で海外に留学することで単位を取れば年収が500万円くらいアップするそうです。私の友人んも何回か海外留学をしてます。クウェートのために役に立つ勉強なら政府が支援してくれるそうです。これは外国人も同じでクウェートに役に立つアイデアがあればクウェート政府は資金援助をしてくれるそうで私の妻がいろいろ考えてます。
クウェート人は冗談がほとんど通じない、これは文化の違いだと思いますのでいつも真面目な話をしてます。

クウェート人の男女交際・・・ありません!ほとんどがお見合い結婚でお母さんの紹介で結婚しますが大体離婚してる人が多いです。
二回目は自分で探したいという希望はあるようですが宗教上結婚するまでエッチどころかお互いの手を握るのも駄目です!

クウェートで結婚する場合は政府が健康診断、妊娠が出来る人かどうかを行い子供を作る人が結婚出来る国です。

内容に興味があったら下記を一回クリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

この女性の人種、国籍はどこでしょうか?

標準

アーリア系の女性です。アーリア系というのはヨーロッパ系の民族であったため基本的な人種は白色人種です。
インド人やスリランカ人はアーリア系の人が多いのですがどうして肌の色が白くないのか?
理由は日光を浴びて暮らしてるからです。生まれた時から日光に直接当たらないように特に女の子に気を使ってる国では女性は色白ですね。
下記の写真はアーリア系のモデルさんです。
出身地はネパール。ネパールは人種的にはアーリア系もしくはモンゴロイド系で二つに分けて考えるとアーリア系は白人と同じですがモンゴロイド系は日本人に非常ににてます。
何度かネパールに言ったことがありますがある観光地で私の母親にそっくりの女性がネパールの民族衣装で近くを歩いてるのを見てびっくりしたことがあります。
あまりにも母親と瓜二つでした・・・。
そしてカトマンズ市内ではネパールのサリー服を着て集団で歩いてる日本女性に会いました。でも・・・彼女らはネパール人で日本人ではありません。
来日経験のある現地の友人達はこの話をすると大笑いでした。
ネパール人の中のある人種は日本人とほぼ同じですので違いは分かりにくいですよ!と説明をしてくれました。

ネパールは非常に保守的な国で男世界です。女性は一度結婚すると離婚は出来ません。いかなる理由でも離婚は女性の実家が拒否というか一度、家を出た人は実家に遊びでは戻れても離婚が理由で家に戻ることはできないそうですので女性は一生、我慢が必要なのですか?とネパール人に尋ねたら”そうです”という返事でした。
また、ネパールやインドとスリランカなどでは女性は結婚するときに結納を男性に払う習慣があります。

スリランカの友達の4姉妹は彼女らが10代の時から知ってますが現在は50歳を超して4人も独身です。
娘四人いるので皆が結婚するときは私は破産しますと彼女らのお父さんが昔話してくれました。当時で娘一人200万円として4娘で800万円の結納金が必要になります。

現在、外国人留学生でネパール人が増えてます。すでにネパール人の学校も数年前に開校してるくらいですし日本語を学びながら週28時間のアルバイトをしてるネパール女性が増えてます。ほとんどのネパール女性はマクドナルドで働いてるのでマックに行くチャンスがあり流ちょうな日本語で注文を伺う女性はネパール女性の確率が高いですね。

昔、ネパールで純情なネパール女性を紹介する結婚ビジネスを考えましたがネパール政府の許可が必要だそうで当時は実際にそのようなビジネスはネパールでは正規に行えなくて諦めたこtがありますが現在はそのネパール女性が大挙日本で日本語を学びながら仕事をする時代になりました。
私の経験から日本男性とネパール女性は相性が合うと思います。

日本独身男性に大の苦手なことに女性に愛情をもって優しく接するという大事なことがありますが恋愛経験の少ない人には女性心理が良く分かってないので難しいかもしれません。
その点、アジアの恋愛は結婚してからお互いの愛を作り上げるという欧米とは異なります。愛の言葉は結婚してから女性に告げればそれで良いのです。恋愛志向がアジア向きな人はアジア人と接すれば気を使わなくて済みますね。

日本男性は何故か白人女性に一歩引いて接する人が多いのは白人に劣等感を持ってるのでしょうか?白人劣等感のある人は白人と付き合うことで劣等感は無くなります。理由は白人と接することで相手が優れてる?という劣等感の勘違いに気が付くからです。その点、同じアジア人っぽく見える人には劣等感はありませんね。

今から20年くらい前に日本女性がネパール男性と結婚するブームがありネパールの日本大使館は結婚手続きで大忙しの時期がありました。一人二人ではありません…毎月数十人単位で日本女性がネパール男性と結婚をして現地に住んでました。ネパール男性と結婚する理由を日本女性に尋ねたら
”ネパール男性は優しいから”という理由です。

この優しいという言葉はインドネシアのバリ島民、ビーチボーイを追いかける流行もネパールの前に流行ってました。バリ島でも数百人の日本女性が現地の人と結婚して生活してます。
観光地の高いホテルやレストランに行くと日本人が働いてますね・・・。経営者として・・・

韓国女性は3Kが結婚条件・・・韓国女性は安売りはしません!

標準

大学で先生をされてるお母さんと大学生の娘さんとの会話で出てきた韓国の3K!
日本では3Kは仕事条件が悪い意味ですが韓国では異なるようです。
結婚できない?したくない女性は昔こんな言葉を言ってましたね・・・
”私は安売りはしない!”と。

韓国ではKは Keyの頭文字。つまり3つの鍵が結婚相手の条件という話です。
一つ目は 自分の家の鍵。自己所有の家を持ってる人
二つ目は 会社の鍵。自分で会社を経営してる人
三つめは 自己所有の車の鍵を持ってる人

持ち家があり会社を経営し車も持ってる人が韓国女性の結婚相手の条件だそうです。
この3Kのない人は韓国女性はそんな男性は相手にしません!とお母さんが声を上げて主張してました。そばにいた娘さんは・・・日本育ちですので日本の感覚があるのでしょうね。恥ずかしそうに一言も自分の意見は出されませんでした。

韓国では結婚前に占い師にも相談するそうです。

内容に興味があったら下記を一回クリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

次のブログは外国の結婚式に参加した時のはなし。
今までインドネシア、ロシア、スリランカそして中国で知り合いの結婚式に参加したことがあります。ネパールの知り合いからも結婚式に招待されましたがネパール式の結婚式に参加するじかっが取れませんでした。格式のある結婚式はネパールでは1週間続くのが普通ということを知ってましたので結婚式が終わってからネパールに行きました。小学校のグランドくらいの広場を貸し切ってそこで1週間儀式が続きます。特に毎回食事が提供され1週間で相当数の人が来るそうです。ネパールは一生に一度の結婚と考える人が多く女性は離婚したら親元には戻れない伝統がまだ残ってるようです。

突然に英語の電話が・・・韓国の国際結婚業者

標準

Do you speak English?と突然に英語で電話がかかって来ました。
YESと答えると自己紹介が始まりました・・・

韓国の国際結婚紹介会社の副社長だそうです。
要件は
こんど日本に行くので国際結婚を一緒にしませんか?という話です。
韓国のホワイトカラーは韓国女性と結婚が出来るがそうでないブルーカラーは韓国女性が相手にしないのでベトナムへ多くの韓国男性が嫁探しで出明けてるので業者間の競争が激しいので私たちの会社では新しい市場をアジアの別の国で新規に開発中なので日本人にも紹介して日本男性に新規開発中の新しいマーケット国の女性と結婚するビジネスを共同でしたいそうです。

週明けに日本に行くので大阪と東京を訪問予定で東京では私のオフィスを訪問しますということで実際にオフィスに来られました。
日本語は全く通じない方で英語で話をしました。今までは空軍のヘリコプターのパイロットで軍隊より儲かるビジネスに乗り換えたそうです。

当時は今もそうですが大勢の韓国男性がベトナムに出かけて嫁探しをしてる時期でメディアではベトナム女性が韓国でひどい目に合ってると報じておりベトナムが韓国に対して厳しいルールを設けようと書かれた記事を読んだことがありました。そのためベトナムでの嫁探しが難しくなるので新天地の国、カンボジアを韓国で初めて開拓したそうです。

韓国式の嫁探しは・・・これまたビックリです。
ベトナムで不評を買ってる韓国式は日本人にはちょっと理解できないでしょう。
現地に到着するとジープもしくは四駆の車が用意してありそれに韓国業者と嫁さん探しをしてる男性が車でベトナムの地方の村を回るそうです。
村に到着すると村長さんと通訳を介して嫁さん候補者を何名かと会うことがお見合いだそうです。女性たちの中には意味が解ってない人もいるようですが村長にお金を払うことで女性を説得してもらうそうです。とにかく男性が気に入ったら婚約確定だそうです。そして数か月後には女性が韓国に来て新婚生活の始まり!

韓国のいろいろな業者がやってくるので現地の料金も上がったそうですがお金を払うのは嫁さん探しの男性です。当時は150万円から200万円くらいだったのではないでしょうか?最初のころは一回ベトナムを訪問することで結婚が出来たそうですが韓国でのベトナム女性の虐待のうわさが広まると一回のベトナム訪問では簡単に結婚が出来なくなったようです。ベトナム政府が韓国男子絵の面接やその他・・・虐待に合わない対抗策を出してきてますので勝手が悪くなったので新しい新天地をカンボジアに目を付けたそうです何か所の村と契約が出来たのでしょうね。ということで日本男性にも女性のおすそ分けをと考えたそうです。
カンボジアはベトナム女性に比べて色、肌の色が白くないので韓国男性には人気があまりないですと本音もだしてました。
じゃ何で日本人に紹介しようとするのか疑問に思いました。

結婚ビジネスはおじさんが社長なので彼は転職を決意し、得意の英語を使ってマーケットを広めようとしてたのでしょうね。
日本の結婚会社100社以上に彼のビジネスを紹介しようと電話をしたそうですが英語が通じた会社は全部で2社だけだったそうです。

今思えば・・・韓国の慰安婦の募集?ではないですが金銭で妻を娶る習慣は形を変えて続いてるようです。

韓国男性が結婚する理由は子供、子孫繁栄と韓国母の世話をすることが大きな理由のようでした
何も知らないで韓国に嫁いできた女性の新しい韓国での生活は韓国男性の思惑には大きな差があった人たちも多かったのではないでしょうか。

2017年の韓国ヘラルド新聞の記事から

2017年2月2日、カンボジア代表する新聞・プノンペンポストが挙げた10のタブーに、「韓国人男性との結婚」の項目が含まれた。韓国人男性とカンボジア人女性の結婚の多くは人身売買目的とみられることからカンボジア政府が取った措置といい、同政府は2010年にも約1カ月間、同じ措置を取ったことがある。

「韓国人男性との結婚禁止」が挙げられたことについて、韓国のネットユーザーからは「賢明な措置だ」「カンボジア政府による自国民保護の対策だ」など、措置に理解を示すコメントが多く寄せられている。

また、「韓国人として恥ずかしい」」「韓国人の野蛮さが世界に知られた」「これが韓国の現実」など嘆く声や、「人身売買で結婚したやつは国際的な恥さらしだ」「韓国人女性と結婚できないから、カンボジアの女性を金で買うようなやつがいる」と当事者を批判するコメントも。

一方で、「お互い愛し合っていて結婚したい場合はどうするんだろう?」と素朴な疑問の声もみられた。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

次のブログは在日韓国の大学の先生の韓国女性の結婚観です。
キーワードは3Kとその大学教授のお母さんが真剣な表情で話してくれました。

これまたビックリ!